yukos0529_20140530091518d76

菅本裕子オフィシャルブログより 

握手会で起こった惨劇により、激震が走っているAKB48と関連グループ。そのひとつであり、指原莉乃(21)が所属しているHKT48の元メンバーで、お料理アイドルとして再デビューした菅本裕子(20)が、自身のTwitterアカウントで強いストレスを吐露している。 

彼女は「色々と噂が飛び交っているようですね。私も見ました。凄く悲しい」「ネットは怖いです。芸能界もう怖い。ちょっと休みたい」と綴っている。 

この“怖い噂”とは一体何か? 
本人はあえて明確に記していないが、実は匿名掲示板を中心に、菅本が池袋のピンサロで働いていたという情報が広まっており、それを指しているものと思われる。 

菅 本にそっくりな「榎本ゆず」という源氏名の風俗嬢が池袋のピンサロGに在籍していたのは、昨年9月から今年1月にかけて。わずか数カ月の短い期間だが、 「榎本ゆず」の評判は上々だったようで、人気の嬢だったそうだ。店のHPに掲載されていたプロフィール画像は顔面にモザイクがかかっており、菅本似といわ れてもピンとこないが、ほかに流出しているモザイクなしの画像は確かに激似。愛くるしい目元や2本の前歯が特徴的だ。
PIG3bls_20140529083530s


2011年に結成されたHKT48。10代前半のメンバーが多く、当時17歳だった菅本は年長組であったが、そのルックスとキャラクターで人気は高かった。しかし翌年8月にはグループを離れ、13年に料理人を目指して上京。一方でタレント活動を再開し、北九州親善大使を務めたり、ファンとのバスツアーを企画・開催したりしていた