無料芸能ニュース2chまとめ!!

すべて無料の芸能ニュース!最新の芸能ニュースや芸能界の噂をまとめた芸能情報サイト。

    お笑い芸人

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/17(月) 07:15:10.97 ID:???P
     テレビ局ではいまやコストカットが至上命題だ。だが取り組む手法は、
    彼らが作るどんなバラエティよりも「ドタバタ喜劇」である。

     数年前から、ひな壇にギャラの安いタレントや芸人を多数並べた番組が
    バラエティ界を席捲してきた。ロケに行けばそれだけコストがかかる。スタジオの中で
    おしゃべりをさせておけば、制作費を切り詰められる。それでも人数さえいれば
    見栄えだけはいいことから、バラエティに革命をもたらしたヒット・モデルだった。

     だが、そんな番組も、この1年ほどで激減。
    いまは逆に、「無駄遣い」として槍玉に挙げられている。

     「上層部から『芸人やタレントをあんなに並べる必要があるのか。
    削れる余地(ギャラ)があるだろ』と締め付けが厳しい。結果、ひな壇芸人は
    リストラで一掃され、数字の取れるホスト1、2人で回す番組が主流となった」(民放キー局局員)
    >>2以降に続きます)

    ソース:NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20140217_241753.html

    【【テレビ】マツコ・デラックスと有吉弘行が重用される理由…面白さよりギャラの安さと時間厳守】の続きを読む

    1: 二代目 とりあたまφ ★ 2014/02/19(水) 14:47:31.32 ID:???0
    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(43)と矢部浩之(42)が19日、フジテレビ「笑っていいとも」
    のテレフォンショッキングのコーナーにコンビとしては10年ぶりの出演を果たし、司会のタモリ(68)と爆笑
    トークを繰り広げた。

    そして、番組CM中に岡村がタモリに談判し「とんねるず」のように、岡村の「いいとも」のレギュラー出演
    が決まった。出演はスケジュールが「あいている日でいい」とし「なんとか食い込まないとアカンから」と
    絶妙な営業トークを成功させたことを喜んだ。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/19/kiji/K20140219007621410.html?feature=related
    「ナインティナイン」の岡村隆史
    no title

    【【テレビ/芸能】ナインティナインの岡村隆史が「笑っていいとも」のレギュラー獲得!「食い込まないとアカン…」】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2014/02/16(日) 19:01:35.98 ID:???0
    タレントの板東英二さん(73)が約1年ぶりに2014年2月15日放送の関西テレビ「さんまのまんま」で
    テレビ復帰することが決まったと報道された。
    ネットでは板東さんの復帰が早すぎるうえ、そもそもテレビに出るような人間ではないとして
    「不愉快だ!」「顔など見たくない」などと批判が渦巻いた。

    それだけでなく、板東さんの復帰を手助けしたのがお笑い芸人の明石家さんまさん(58)だとみられていて、
    これまでネット上で好感度が高かったさんまさんに対し「カスや!」などといったバッシングが起きてしまった。

    芸能界復帰するため頼ったのが親しかった明石家さんま?
    板東さんは12年12月に名古屋国税局から個人事務所に約7500万円の申告漏れがあった、と指摘された。
    板東さん側は否定しているが、取引先への5000万円の架空外注や貸し付けもあったと報道された。
    修正申告は済ませたものの13年3月までにTBS系「日立 世界ふしぎ発見!」などのレギュラーや
    冠番組の全てが降板か打ち切りになった。

    その後は公の場に姿を現すことはなかったが、13年11月10日に釈明会見を開き、経理の担当者が
    丼勘定をしていたせいだとし、申告漏れの一部は植毛に使ったお金であり、カツラは経費で落ちるため
    植毛も経費で落ちるものと勘違いをしていた、などと語った。

    芸能界復帰するため頼ったのは、親しかった明石家さんまさんだったとみられている。
    13年12月24日にはフジテレビ系「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」に電話出演し、
    14年1月には吉本興業の所属タレントになった。
    そして、2月15日放送の「さんまのまんま」でテレビ復帰することがわかった。

    ネットでは板東さんがやったことは悪質な申告漏れだという批判が根強く、
    「テレビに出すな!不愉快だ」「もういいよ。見たくない」「もし出演していたら、即消す それだけのことだ」
    といった批判が渦巻くことになったが、その矛先はさんまさんにも向けられ、

    「絶対ゆるさん。さんまもな」
    「板東英二はクズや!クズの味方をする、さんまはカスや!」
    など激しさを増している。

    >>2以降に続く)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8537758/

    【【芸能】板東英二の復帰を手助けした明石家さんまにバッシングの嵐・・・「クズの味方をするさんまはカス」「絶対ゆるさん。さんまもな」】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/12(水) 12:52:03.46 ID:???P
     お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が12日、都内で渡辺直美が
    トータルプロデュースを務めるアパレルブランド「PUNYUS」(プニュズ)の
    記者発表会見に出席。今月5日に行われたイベントで、交際中のTBS田中みな実
    アナウンサーについて「絶対に幸せにします」と発言したことが結婚宣言とも報じられたが、
    藤森は「変なこと書くんだもん。『事実上の結婚宣言』ではないっつーの」と報道を否定した。

     会見には藤森、渡辺のほかにお笑いコンビ・アジアンの馬場園梓、スパイク
    (小川暖奈、松浦志穂)も出席。ゲストとして参加した藤森も「PUNYUS」の洋服を着た
    女装で登場し、ガールズトークを展開した。

     トークではプロポーズの予定を聞かれ、藤森は「ないですよ、まだ予定は」と
    やんわり否定。バレンタインデーを目前に控え、「(田中アナが)家で作っていましたよ。
    ちょっとお手伝いしましたから」とおのろけ。また「スタッフさんにも渡すそうです」と明かすと、
    女性陣から「(田中アナは)こびへつらうタイプね!」といじられ、「違います、心を込めて
    一個一個作って渡すタイプです」とフォローしていた。

     「PUNYUS」は、人気ファッションストア「WEGO」が新たに展開する新ブランド。
    豊富なサイズ展開が特徴で、渡辺のようなぽっちゃり系女子も幅広くファッションを
    楽しむことができる。(中村好伸)

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0060409
    画像:女装でイベントに登場したオリエンタルラジオ藤森慎吾
    no title

    【【芸能】オリエンタルラジオの藤森慎吾、結婚宣言を完全否定 プロポーズの予定なし】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/13(木) 15:51:27.59 ID:???P
    フジテレビ系で放送され、数多くの人気お笑い芸人を輩出したバラエティ番組「ボキャブラ天国」
    (フジテレビ系)。現在も活躍し続ける芸人も多い中、番組終了を期にテレビへの露出を減らした者も少なくない。

    ボケ担当のホルスタイン・モリ夫、ツッコミ担当の種馬マンからなる女性お笑いコンビ
    「モリマン」もその一組だろう。バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」
    (日本テレビ系)の企画「山崎VSモリマン」などに不定期で登場してはいるものの、
    かつてのように、全国ネットでその姿を観ることは少ない。実は現在、モリマンは
    地元の北海道吉本に拠点を移しているという。

    11日放送のバラエティ番組「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)では、
    「あの芸能人は何故TVから消えた?」と題したコーナーでモリマンの近況を紹介。
    モリ夫自ら、北海道に戻った理由を明かした。

    モリ夫は「ボキャブラ天国」出演時を振り返り「すっごい忙しすぎたんですよ。休みも無い、
    移動時間に寝る、みたいな感じで。正直、当時の記憶があんまり無いんですよ」と、
    スケジュールの過酷さを訴えた。

    また、当時は「女芸人」としての扱いにも辛さを感じていたという。「女芸人が
    少なかったんで、汚い仕事、痛い仕事、ドブ仕事は全部私にきたんです」
    「無茶苦茶やってました。思い出したくも無いです」と語り、打ち上げで
    全裸にされた経験も告白。「何が楽しいんですか、これ?」などと苦悩を明かした。
    >>2以降に続きます)

    ソース:livedoor ニュース/トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/8532976/
    画像:no title

    【【芸能】「ガキ使 山崎VSモリマン」のモリ夫、地元・北海道でスナックのママになっていた】の続きを読む

    このページのトップヘ