無料芸能ニュース2chまとめ!!

すべて無料の芸能ニュース!最新の芸能ニュースや芸能界の噂をまとめた芸能情報サイト。

    映画

    1: れいおφ ★ 2014/01/10(金) 09:41:42.56 ID:???0
    今年公開される映画の中で、新年早々「大コケ必至」とササヤかれている作品が…。
    3月1日公開の実写版「魔女の宅急便」だ。

    主演は、武井咲(20)の姉妹キャラを決める「ガールズオーディション2011」で
    グランプリを獲得した小芝風花(16)で、今回が映画初主演。
    宮沢りえ(40)や尾野真千子(32)、筒井道隆(42)といったビッグネームが脇を固める。

    しかし「アニメのイメージがあまりにも強すぎるから厳しいのでは!?」と映画関係者は
    表情を曇らせる。
    特に痛いのは、そのスタジオジブリの名作アニメ「魔女の宅急便」の映像を、
    宣伝で一切使えないことだ。
    「ジブリは実写版に一切関係してないからね。映像使用についてもジブリは特に厳しいし…」(同関係者)

    アニメ版は、昨年引退した宮崎駿氏(73)が監督を務め、1989年に公開された。
    最初に商業ベースに乗り、大きな黒字を記録したジブリ映画がこの「魔女の宅急便」である。

    公開が終わってからも、同作はたびたびテレビ放映され、毎回高視聴率を記録。
    「ほぼ2年に1回のペースで、これまでに10回以上放送されています。
    『魔女の宅急便』にアニメのイメージが強烈に付いたのは、その影響が大きいでしょう」
    とはテレビ局関係者。

    それほど国民に認知された“魔女宅”とリンクできない実写版では、苦戦が予想されても仕方あるまい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000011-tospoweb-ent

    関連スレ
    【映画】実写映画『魔女の宅急便』 空飛ぶキキの笑顔に胸キュン!待望の新画像が到着
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388874114/
    魔女の宅急便

    【【映画】実写版「魔女の宅急便」 大コケ必至か】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2014/01/03(金) 14:48:07.67 ID:???0
    昨年9月に引退会見まで行い大大的に引退発表を行った、
    スタジオジブリの宮崎駿監督がどうも引退撤回をほのめかしているようだ。

    注目の発言があったのは2013年12月31日放送のラジオ番組『鈴木敏夫のジブリ汗まみれスペシャル』。
    番組にはスタジオジブリの鈴木敏夫さんが出演し、知られざる引退会見の真相や、ジブリの未来を
    語るといった内容で構成されていた。

    当時番組を聴いていた人によると、宮崎監督引退の真相として「引退は鈴木敏夫さんが仕組んだこと」
    などが紹介され、実質的に「引退撤回」を示唆する発言があったという。

    これについてネット上は既に大騒ぎになっており、「長編アニメだけ引退して他はやるってことか」
    「すると思った」「引退撤回大歓迎!!」「もはや儀式www」といった声が上がっている。

    ちなみに宮崎監督が引退をほのめかして引退しなかった事案は、軽く調べてみただけで過去6回みつかった。
    今回の撤回が実現すれば7回目になる。

    ――過去の引退発言→撤回事案
    ・第1回 1986年:天空の城ラピュタ
    ・第2回 1992年:紅の豚
    ・第3回 1997年:もののけ姫
    ・第4回 2001年:千と千尋の神隠し
    ・第5回 2004年:ハウルの動く城
    ・第6回 2008年:崖の上のポニョ
    ※当編集部調べでは6回ですが、10回とする説もあります。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8398179/

    【【映画/ジブリ】宮崎駿監督がまた引退撤回かwwwwww】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/12/12(木) 16:08:27.36 ID:???P
    今秋公開の映画では、ダウンタウン松本人志監督(50)の「R100」が
    歴史的大コケと言われているが、実は「それ以上にひどかった」と
    言われているのがリメーク映画「おしん」だ。

     「客席はガラガラで『R100』と大差ない。公開は『R100』より1週間遅かったのに、
    『おしん』の上映を先に打ち切った映画館の方が多かったくらい」(宣伝会社スタッフ)。
    興行収入はトータル4億円を割るとみられている。

     「キャストに上戸彩、稲垣吾郎、泉ピン子らのビッグネームを揃え、
    撮影も山形県でのオールロケで行ったから、製作費はかなり
    かかっている。まあ大赤字なのは間違いない」(同スタッフ)

     ただ「おしん」はもともと、日本よりも海外展開で儲けようという魂胆だった。
    「1983~84年に放送されたテレビドラマは60か国以上で放映され、
    今でも根強い人気。既にタイやシンガポールで公開されています」とは
    映画関係者。そんな中、期待がかかるのは中国だ。10億人以上という
    断トツの人口を誇るだけに、大ヒットしなかったとしても、かなりの興収が
    期待できるマーケットだという。(>>2以降に続きます)

    no title

    【【映画】大コケ「おしん」最後の望みwwwwwwwww】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2013/12/12(木) 09:44:29.76 ID:???0
    「この公開規模で、ここまでコケた映画は、ちょっと記憶にないですよ。前代未聞の事態なんじゃないですか……」(映画ライター)

    6日に公開された映画『47RONIN』の初週2日間の興行収入が明らかになり、業界を騒然とさせている。
    興行通信社の発表によると、同作の興行収入は1億524万8,200円。動員は7万7,894人で、この週の6位にランクされている。
    数字だけ見れば、そこまで悪いとは言えなそうだが、この作品の公開規模は全国333館、753スクリーンという超特大規模。
    単純計算すると、1スクリーン当たりの観客数が2日で100人、1日に4回の上映としても、1回の上映当たり12人程度ということになる。

    その数字を裏付けるように、ネット上の掲示板やTwitterなどには、入場者からの「ヤバすぎる」「空席祭り発生中!」などといった報告
    が多数書き込まれ、自分たち以外に客が1人もいない“貸し切り状態”の客席を写した写真なども投稿された。

    「この映画は、忠臣蔵をモチーフにした時代劇で、天狗や妖術使いが大活躍するファンタジー。キアヌ・リーブスが架空の人物“カイ”
    を演じています。よく分からないでしょう? こうして説明していても、自分がどんな映画の話をしているのか、よく分かりませんよ」(同)

    poster2[1]


    この作品には、日本からも真田広之、菊地凛子、浅野忠信、柴咲コウ、元KAT-TUNの赤西仁など豪華キャストが参加しており、
    公開前にはキアヌや浅野忠信らがバラエティ番組に出演するなど、力の入った宣伝を繰り広げていたが……。

    「このプロモーションの足を引っ張ったのが、元KAT-TUN赤西仁の存在でした。
    ジャニーズは相変わらずWEBメディアへの露出を制限していますから、赤西が参加した記者発表でも、
    紙媒体やテレビ媒体の撮影時間とは別に、赤西を退場させてWEBメディア用に時間を設けるチグハグぶり。
    主演のキアヌは、意味も分からずキョロキョロしていましたよ」(会見に参加した記者)

    このまま不入りが続けば、公開打ち切りは時間の問題。
    最終的な興収は「おそらく5億に届かない」(前出・映画ライター)と予想され、200億円以上とも伝えられる製作費の回収は絶望的だ。


    【【映画】『47RONIN』大コケ・・・ワロタwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/12/07 13:22:13
     俳優の佐藤健(24)が6日、大阪市内で開かれた主演映画
    「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(監督小泉徳宏、14日公開)の
    試写会で舞台あいさつした。

     ファンの黄色い歓声に迎えられ、笑顔。本格恋愛映画は意外にも初めてで、
    「現場は華やかでワクワク。楽しかった」と振り返った。大阪での舞台あいさつとあって、
    共演の三浦翔平(25)から、「ほんま昔から友達やもんな」といきなり関西弁で話しかけられ、
    「せやな」と応答。関東出身同士のぎごちないやりとりを続け、笑いを誘っていた。

    no title

    【【カノジョは嘘を愛しすぎてる】佐藤健 舞台あいさつで「せやな」wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ