無料芸能ニュース2chまとめ!!

すべて無料の芸能ニュース!最新の芸能ニュースや芸能界の噂をまとめた芸能情報サイト。

    タレント

    1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/21 04:33:22
    テレビのバラエティ番組でアイドルが活躍することがあたりまえとなっている昨今。
    しかし、1970年代ごろまでは、アイドルに面白さやリアクションが求められることは
    なかく、ゲストとして登場することが多かった。

    現在のような、本格的なアイドルのバラエティ出演のきっかけとなったのは、1980年
    代に登場した森口博子、山瀬まみ、松本明子、井森美幸といった「バラエティアイド
    ル=バラドル」と呼ばれるタレントたちの存在だろう。

    そんな、元祖バラドルのひとりである森口が、19日放送のテレビ朝日系バラエティ番
    組「ストライクTV」でバラドルになった理由を明かしている。

    番組には「85年組アイドル 芸能界ウラ話スペシャル」と題し、森口のほか、同じ年に
    デビューした浅香唯、元おニャン子クラブの新田恵利、芳本美代子が登場。アイドル
    として活動していた当時の裏話を語っていった。

    森口はテレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」のオープニングテーマ曲「水の星へ愛を
    こめて」でデビュー。同曲はオリコン16位を記録するヒットソングとなったが、その後
    事務所から森口に通達された事実は厳しいものだった。

    デビューに手ごたえを感じていた森口は、ある日マネージャーに事務所の組織表を
    見せられ、愕然としたという。そこには、タレントとそれぞれの担当マネージャーの名
    前が記されていたが、森口の名前は無く「除籍されていた」というのだ。

    さらにマネージャーは「『あの子は才能がないから、九州に帰した方がいい』って上
    に言われたから…」と森口に告げ、事実上の「クビ宣告」をしたというのである。

    これに対して森口は「なんでもやりますから、帰さないでください!」と泣きながら土下
    座をし、「クビ」の撤回を頼みこんだという。その後、徐々にバラエティの仕事が回され
    るようになり、森口は解雇されずに済んだというのだ。

    やがて森口はバラドルとして成功し、歌手としても6度紅白歌合戦に出場を果たした。
    また、絶頂期の23歳には、母親にマンションをプレゼントすることが出来たという。森口
    と母親が暮らしていた実家は、風呂なしの長屋で、床が腐っていたため、歩く度にタン
    スが倒れそうな家だった。
    つづく
    http://news.livedoor.com/article/detail/8271317/

    【【芸能】森口博子、デビュー曲ヒット後にクビ宣告→泣きながら土下座→バラドルとして成功→風呂なし長屋暮らし母にマンションプレゼント】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2013/11/19 14:30:58
    Kis-My-Ft2のドーム公演『Kis-My-Ft2 SNOW DOMEの約束 IN TOKYO DOME/OSAKA DOME』が、
    15日の東京ドーム公演で初日を迎えた。
    同日はSMAP・中居正広がジャニーズJr.の一員に紛れ、バックダンサーとして“お忍び”出演したが、
    ステージ上で紹介されることがなかったため、最後まで中居の存在に気付かないファンも大勢いたという。

    デビュー前後からテレビ出演の際などに、SMAPと“セット売り”される機会の多いキスマイ。
    特に、メインの3人(北山宏光・藤ヶ谷太輔・玉森裕太)は、それぞれSMAPメンバーが主演するドラマに
    バーター出演して露出も増やしていたが、そのほかの4人(千賀健永・宮田俊哉・横尾渉・二階堂高嗣)は
    その機会にも恵まれず、歌番組でも衣装に“格差”があるとファンのみならず話題になっていた。

    そんな中、中居が“後ろの4人”こと千賀・宮田・横尾・二階堂が歌う楽曲をプロデュースすると、
    『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系、10月5日放送)で発表された。
    「舞祭組」(ブサイク)と名付けれられた4人のデビュー曲は、中居が作詞・作曲・振り付けも手がけた「棚からぼたもち」。
    そんなつながりもあることから、今回のお忍び出演も後輩を盛りたてるために、中居が「一肌脱いだ」ものなのだろう。

    「中居君は自身のラジオで『舞祭組』の楽曲について『ライブで歌った時にお客さんが楽しめるような曲』
    をコンセプトに作ったと話していました。ライブでは『棚からぼたもち』が本編終了後の1曲目に披露されましたが、
    ファンが声を出す部分も多く、中居君の言う通りに会場の盛り上がりは最高潮。
    曲のサビで『ガヤ、キタ、タマ』と、メイン3人の名前を入れた合いの手があるのですが、
    ほかのどの曲よりも会場全体の掛け声が揃っていたし、あまりの一体感にビックリしました」(参加したキスマイファン)

    「舞祭組」のデビューによって、ようやく日の目を見ることになった“後ろの4人”。
    ファンもさぞかし喜んでいるかと思いきや、グループ内格差はまだまだ深刻な状況だという。

    >>2以降に続く)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8265190/

    【【芸能】キスマイ、“後ろの4人”の不遇な扱い・・・新ユニット「舞祭組(ブサイク)」結成もグループ内格差はまだ深刻な状況】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/19 11:58:13
    女優・川口春奈(18)が主演のドラマ「夫のカノジョ」(TBS系、木曜午後9時)が低視聴率のため早くも「打ち切り間際」と言われている。
    「一部の大手事務所のゴリ押し」とキャスティングにも批判が集まっているが、川口にとってはこのゴリ押しが女優生命を短くするかもしれない。

    初回から4・7%、4・8%、3・7%と低空飛行を続ける同ドラマは14日放送の第4話でついに3・1%を記録し、
    「今世紀民放連ドラ最低に並ぶ」と報じられた。

    放送日の朝、出演者の1人である鈴木砂羽(41)が情報番組「はなまるマーケット」にゲスト出演。
    ドラマの見どころを聞かれると「お願いだから、今夜だけでも見て!」と切実に訴え、
    川口本人もブログを更新し「ただただ頑張る!」とけなげにメッセージを書き込んだが、功を奏さなかったようだ。

    視聴率が低いのは主演がダメだからと一概に片付けられない問題ではあるが、“女優川口”にとっては大きな痛手だ。
    「深夜では主演を張れる女優かもしれませんが、ゴールデンで主演を張るには誰が見ても早すぎる。

    事務所としては次世代の女優として育てたかったのでしょうが、将来有望な女優なのにこのまま打ち切りにでもなったら、
    “大コケ女優”というレッテルが付きかねないですよ」(芸能プロ関係者)

    そもそも「夫の――」がオンエアされるTBSの木曜午後9時のドラマ枠は常々、苦戦が強いられている。
    「5%以下というのはひどいけど、『夫のカノジョ』の前も決して良くはなかった」(TBS関係者)。
    確かに7月クールの「ぴんとこな」は平均7・5%。4月クールの「潜入探偵トカゲ」は9・9%と1桁に終わっている。

    この原因は「事務所ゴリ押しのキャスティング」にあるとか。「はっきり言ってジャニーズと研音の言いなり。
    川口も研音ですが、『ぴんとこな』は主演の玉森裕太がジャニーズ、『潜入探偵トカゲ』は研音の松田翔太主演で(ジャニーズの)松岡昌宏も出演した。
    事務所が出したいのと視聴者が見たい俳優はまず一致しませんから」(同)。半ば“ギョウカイ枠”とも言われている時間帯だ。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/205613/
    >>2
    【話題】フジの視聴率低迷…「芸能事務所からゴリ押しされた、演技力のない俳優や女優を起用しなくてはならない」★3

    【【ドラマ】 TBS関係者 「低視聴率の原因は芸能事務所ゴリ押しのキャスティング。はっきり言ってジャニーズと研音の言いなりだから」】の続きを読む

    1: 空挺ラッコさん部隊ρ ★ 2013/04/29(月) 17:35:06.53 ID:???0
     元オセロの中島知子(41)が、4月30日の21時からオンエアされるTOKYO MXの『ニッポン・ダンディ』に
    出演することをブログで明らかにした。中島といえば、前所属事務所に無断で『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)に出演。
    そこで話された内容が事務所から「事実と異なる発言もあり極めて遺憾」といった趣旨のコメントが発表され、
    結果的に契約解除となった。

     そんな中島が登場する『ニッポン・ダンディ』は、通常のニュースとは異なるひねりのある世界のトンデモニュースを
    紹介する「ワールド・ダンディ」というコーナーや、視聴者がニュースについて投票する「ダンディ・ジャッジ」、
    ゲストが自由奔放に言いたいことを言う「言わせろ!ダンディ!」などがある。

     出演者は曜日ごとに異なり格闘家の高山善廣や武井壮、岩上安身、水道橋博士ら。中島の登場する火曜日はミュージシャンの
    ダイアモンド☆ユカイと芥川賞作家の西村賢太。『ワイド!スクランブル』では単独インタビューという形だったが、
    今回はユカイと西村という歯に衣着せぬ人物との共演なだけに、ズバズバと切り込んだ質問が来ることも予想される。

    ソース:http://yukan-news.ameba.jp/20130429-193/

    【【芸能】元オセロの中島知子、4月30日にTOKYO MX「ニッポン・ダンディ」生放送に登場】の続きを読む

    このページのトップヘ